『山育ちの冒険者 この都会(まち)が快適なので旅には出ません 1』の詳細情報

山育ちの冒険者 この都会(まち)が快適なので旅には出ません 1
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 山育ちの冒険者 この都会(まち)が快適なので旅には出ません 1
サブタイトル
著者 [著者区分]■みなかみしょう [著・文・その他]
■鳥取砂丘 [イラスト]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ MFブックス
ページ数 324p Cコード 0093
発売予定日 2019-02-25 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784040655444 判型 B6
内容紹介
山で育った狩人の子、ステル。彼は育ての母から山を出るように言われ、王国内で一番大きな街へ向かう。そこは魔導具があふれ、山とは比べ物にならないほど快適だった!
ステルは駆け出し冒険者として簡単な依頼を受注することからはじめるのだが、最強の狩人として育てられたゆえの規格外の身体能力は、すぐに多くの人の知るところとなり――。
「私達と一緒に外の世界に冒険にいこう!」
「残念ですが、もっとこの都会で暮らしてみたいので……」
冒険者なら誰しも外の世界に憧れて旅に出るはずなのに、ステルは全然“冒険”しようとせず、今日も今日とて街で楽しく過ごす!?
武器は木剣、防具は布、なのに最強! 山育ちの冒険者の都会ライフ、スタート!
目次
著者略歴(みなかみしょう)
「小説家になろう」出身。既刊は『魔王ですが起床したら城が消えていました。』(アース・スターノベル)。
著者略歴(鳥取砂丘)
イラストレーター、漫画家。既刊は『境界線上のリンボ』(芳文社)、『G専ラフスケッチ』(KADOKAWA)
他の書籍を検索する