『好きになってくれなくていいから嫌いにならないでと、祈っていた。』の詳細情報

好きになってくれなくていいから嫌いにならないでと、祈っていた。
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 好きになってくれなくていいから嫌いにならないでと、祈っていた。
サブタイトル
著者 [著者区分]sleep [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 208p Cコード 0076
発売予定日 2019-05-02 ジャンル 一般/単行本/諸芸・娯楽
ISBN 9784040657240 判型 46
内容紹介
不安で、もどかしくて、どうしようもない夜に、
そっと寄り添ってくれる
リアル恋愛中の女子に届けたい一冊!

◆1章 過去の君の優しさ
君にたくさんのものを与えてもらっていたのだと気づく。
ずっとずっと後になってから。

◆2章 永遠じゃないから愛しいんだ
いつか全てが終わってしまうのは哀しい。寂しい。
それでもその悲しみが幸せをより幸せにしてくれる。

◆3章 傷つけあっても、一途な気持ちに嘘はなかった
もっと上手くやれたのに、もっと優しくできたのに。
あの頃、悩んで、苦しんで、精一杯やってきたことに、嘘はなかったよ。

◆4章  君への溢れる熱い想い
諦めたいのに諦められなくて、伝えたいけど届かなくて、
いつも会いたくて会いたくて会いたくて。
目次
◆1章 過去の君の優しさ
君にたくさんのものを与えてもらっていたのだと気づく。
ずっとずっと後になってから。

◆2章 永遠じゃないから愛しいんだ
いつか全てが終わってしまうのは哀しい。寂しい。
それでもその悲しみが幸せをより幸せにしてくれる。

◆3章 傷つけあっても、一途な気持ちに嘘はなかった
もっと上手くやれたのに、もっと優しくできたのに。
あの頃、悩んで、苦しんで、精一杯やってきたことに、嘘はなかったよ。

◆4章  君への溢れる熱い想い
諦めたいのに諦められなくて、伝えたいけど届かなくて、
いつも会いたくて会いたくて会いたくて。
著者略歴(sleep)
Twitterで綴られる切ない恋や、かけがえのない一瞬の気持ちをとらえた言葉が話題を集める。著書に『好きで好きで、どうしようもない恋は、いつもどうにもならなくて。』『運命みたいな偶然に、あと何度めぐり逢えるだろう。』(ともに小社刊)がある。
Twitter@sleep1111/Instagram@sleep1111
他の書籍を検索する