『おいしいベランダ。 8番線ホームのベンチとサイダー』の詳細情報

おいしいベランダ。 8番線ホームのベンチとサイダー
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル おいしいベランダ。 8番線ホームのベンチとサイダー
サブタイトル
著者 [著者区分]■おかざきおか [イラスト]
■竹岡 葉月 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
640円 シリーズ 富士見L文庫
ページ数 288p Cコード 0193
発売予定日 2020-02-15 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784040729855 判型 文庫(A6)
内容紹介
■神戸でデザイン事務所を立ち上げる葉二からのプロポーズを受け、まもりは関西での就職活動に取り組むことに! 関西ならではのおいしい食材を使った手料理で気合い充分……と思いきや、就活戦線に異状発生!?■
 大学生の栗坂まもりと、お隣に住む亜潟葉二は恋人から婚約者に! 葉二からのプロポーズを受け入れ、卒業後はまもりも神戸で暮らすと決めたのだ。
 次は結婚挨拶にお互いの実家へ。さっそく栗坂家を訪ねて、年末には亜潟家へ向かう……って、行動が早いですね葉二さん!
 同時に、まもりは二人の暮らしと目指す仕事の両方を叶えるため、関西で再び就職活動に挑むことに。
 神戸のおいしい食材と料理で、気合いは充分――と思いきや、亜潟家での結婚挨拶にも、就活戦線にも異状が発生!?
目次
contents
一章 まもり、歳末ご挨拶スペシャル。
二章 まもり、牛とネギとゴーウエスト。
三章 まもり、お祈りの言葉は聞きたくない。
四章 まもり、雨上がりに芽は出るか?
エピローグ And she returns to the east.
あとがき
著者略歴(竹岡 葉月)
1999年度ノベル大賞佳作受賞を経てコバルト文庫よりデビュー。以降、少女小説、ライトノベル、漫画原作など多方面で活躍する。
主な著作に「谷中びんづめカフェ竹善」シリーズ(集英社)、『蒼井葉留の正しい日本語』『横濱妖精探偵社』『恋するアクアリウム。』(KADOKAWA)など。
描かれる人間関係や作品世界のあたたかな雰囲気は、多くの読者に支持されている。なお本作に登場するベランダ菜園&クッキングは、著者自身の実践・実食に基づく。
他の書籍を検索する