『平安あかしあやかし陰陽師 二 百鬼夜行の都に桜舞う』の詳細情報

平安あかしあやかし陰陽師 二 百鬼夜行の都に桜舞う
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 平安あかしあやかし陰陽師 二 百鬼夜行の都に桜舞う
サブタイトル
著者 [著者区分]■沙月 [イラスト]
■遠藤 遼 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
640円 シリーズ 富士見L文庫
ページ数 288p Cコード 0193
発売予定日 2019-04-15 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784040731278 判型 文庫(A6)
内容紹介
平穏は"式部"と名乗る美女の訪問をきっかけに破られる。その背景には都をさすらう法師陰陽師が……?
【安倍晴明の若き師匠、最大の危機!?】
 平安陰陽師たちが畏れる男、賀茂光栄。年齢不詳の美青年であり、安倍晴明の師でもある。
 ひとたびは幼なじみの歌人・藤原為頼や晴明とともに、宮廷を覆う菅原道真の怨霊を鎮めてみせた。
 日常を取り戻したかに見えた都。しかし、平穏は"式部"と名乗る美女の訪問をきっかけに破られる。彼女は怨霊退治に一役買った為頼に、ある亡霊の相談に来たと言う。その背景には都をさすらう法師陰陽師の存在が見え隠れし……?
 歴史に隠れた安倍晴明の師匠、光栄が、宮廷最大の危機に挑む平安秘伝第2弾、これより開宴――!
目次

第一章 老女の供養
第二章 賀茂神社の大巫女
第三章 百鬼夜行
第四章 ちはやぶる神
かりそめの結び
著者略歴(遠藤 遼)
東京都生まれ。著作に、『京都祇園神さま双子のおばんざい処』(スターツ出版文庫)、『浅草洋食亭のしあわせごはん』(メゾン文庫)、『奈良町あやかし万葉茶房』シリーズ(双葉文庫)や、『週末陰陽師』シリーズ(SKYHIGH文庫)など。
読み応えあるストーリー展開と、人間味あふれる登場人物たちのかけあいで、多くの読者を魅了する物語を描く、ストーリーテラー。
他の書籍を検索する