『宮廷神官物語 六』の詳細情報

宮廷神官物語 六
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 宮廷神官物語 六
サブタイトル
著者 [著者区分]榎田 ユウリ [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
580円 シリーズ 角川文庫
ページ数 240p Cコード 0193
発売予定日 2019-04-24 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041074152 判型 文庫(A6)
内容紹介
宮中に正月が訪れた。
帰る家のない天青だが、鶏冠や曹鉄らと楽しく過ごす。
そして現国王は、藍晶王子の王位継承権を明らかにすべく、立太子礼を行うと決定。
しかし世継の証となる宝剣は行方知れず。
藍晶は代わりの証を得るため、
天青らを連れて神秘の孤島を目指す。
荒れる海を超え、霧の島へ辿り着いた一行。
藍晶は試練に打ち勝てるのか。
そして判明する衝撃の事実とは。
冒険心がうずきだす、傑作アジアン・ファンタジー第6弾。
目次
著者略歴(榎田 ユウリ)
東京都出身。代表作は「妖き庵夜話」シリーズ(角川ホラー文庫)、「カブキブ!」シリーズ、「魚住くん」シリーズ(角川文庫)、『ここで死神から残念なお知らせです。』(新潮文庫nex)等。榎田尤利名義でも著書多数。巧みなストーリーテリングと、魅力的なキャラクター描写で、多くの読者を魅了している。
他の書籍を検索する