『フィンランド語は猫の言葉』の詳細情報

フィンランド語は猫の言葉
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル フィンランド語は猫の言葉
サブタイトル
著者 [著者区分]稲垣 美晴 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
680円 シリーズ 角川文庫
ページ数 288p Cコード 0195
発売予定日 2019-04-24 ジャンル 一般/文庫/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784041075388 判型 文庫(A6)
内容紹介
森と湖の美しき国フィンランド。
芸大生ミハルが「渡芬(トフン)」したのはフィン語の本も辞書もない70年代末。相槌の「ニーン、ニーン」は猫の言葉に聞こえるし、夏至祭は「ココ、コッコ」と鶏言葉が蔓延、古文は恐竜言葉さながら謎だらけ。
ハードでシュールな語学漬けの日々に天性のユーモアと想像力をフル活用。個性溢れる仲間と極寒の冬も混浴サウナもどうにか乗り切った、抱腹絶倒のロングセラー留学体験エッセイ!
解説・黒田龍之助
目次
著者略歴(稲垣 美晴)
1952年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部卒業。ヘルシンキ大学でフィンランド語を修得。帰国後、フィンランド文化を紹介。東海大学文学部北欧学科非常勤講師を経て、現在(株)猫の言葉社代表取締役社長。著書に『サンタクロースの秘密』『注文の多い翻訳家』等、訳書にマウリ・クンナス『サンタクロースと小人たち』『わすれられないクリスマス』『フィンランドの小人たち トントゥ』、ヘルヤ・リウッコ=スンドストロム『地平線のかなたまで』『いつまでも大切なもの』他多数。
他の書籍を検索する