『うちの執事が言うことには EX』の詳細情報

うちの執事が言うことには EX
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル うちの執事が言うことには EX
サブタイトル
著者 [著者区分]高里 椎奈 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
560円 シリーズ 角川文庫
ページ数 224p Cコード 0193
発売予定日 2019-04-24 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041077641 判型 文庫(A6)
内容紹介
父の突然の引退宣言により、名門・烏丸家の当主となった花穎。信頼する鳳の代わりに執事になった衣更月の存在や、なれない当主業務にも戸惑う花穎だが……。発展途上の主従が事件に挑む、上流階級ミステリ!
目次
著者略歴(高里 椎奈)
茨城県出身。芝浦工業大学工学部機械工学科卒業。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に、デビュー作を始めとする「薬屋探偵」シリーズ、「ドルチェ・ヴィスタ」シリーズ、「フェンネル大陸」シリーズ(以上、講談社)などがある。
他の書籍を検索する