『葵の月』の詳細情報

葵の月
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 葵の月
サブタイトル
著者 [著者区分]梶 よう子 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
720円 シリーズ 角川文庫
ページ数 368p Cコード 0193
発売予定日 2019-03-23 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041077825 判型 文庫(A6)
内容紹介
西丸書院番組頭を務める立原家の娘、志津乃には、決して忘れることのできない男がいた。かつての許婚の坂木蒼馬は、西丸書院番士であったが、徳川家治の嗣子、家基の死を切っ掛けに突如出奔したのだ。彼を忘れられずにいる志津乃に対し、蒼馬の友人だった男は、蒼馬が家基の暗殺を疑われていることを告げるのだった――。蒼馬が出奔した真相を知るため、志津乃は彼を捜す決意をする。意外な真相が胸を打つ、傑作時代小説。
目次
著者略歴(梶 よう子)
東京生まれ。2005年「い草の花」で九州さが大衆文学賞を受賞。08年には『一朝の夢』で松本清張賞を受賞し、単行本デビューする。以後、時代小説の旗手として多くの読者の支持を得る。
他の書籍を検索する