『偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理』の詳細情報

偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理
サブタイトル
著者 [著者区分]降田 天 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 272p Cコード 0093
発売予定日 2019-04-26 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041079461 判型 46
内容紹介
高齢者詐欺グループのリーダー、光代は、手足として使っていたはずの仲間に金を持ち逃げされてしまう。さらに、彼女の過去の犯罪をネタに、一千万円を要求する脅迫状が届く。追い詰められた彼女は、普段は考えない強引な方法で事態の打開を図るが、成功したと思われたそのとき、1人の警察官が彼女に声を掛けてくる――。「落としの狩野」と言われた刑事を主人公に、人々の一筋縄ではいかない情念を描く、日本推理作家協会賞受賞作「偽りの春」収録、心を震わすミステリ短編集。

卓越した筆力で選考委員をうならせた、第71回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作!

大沢在昌
悪い奴の、そのまた上をいく悪い奴がいて、それを見抜く目をもつ警察官が登場する。だまされる快感を味わった。

逢坂剛
読む者の予想を次つぎにくつがえし、意表をつく展開に落とし込む筆力は、並のものではない。
(第71回日本推理作家協会賞 選評より)
目次
著者略歴(降田 天)
(ふるた・てん)プロット担当の萩野瑛(はぎの・えい)と執筆担当の鮎川颯(あゆかわ・そう)による作家ユニット。二人は早稲田大学第一文学部の同級生。少女小説作家として活躍後、「女王はかえらない」で第13回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、同名義でのデビューを果たす。他の著書に『匿名交叉』(文庫化に際して『彼女は戻らない』に改題)がある。「小説 野性時代」掲載の「偽りの春」で第71回推理作家協会賞(短編部門)を受賞。
他の書籍を検索する