『一華後宮料理帖 第八品』の詳細情報

一華後宮料理帖 第八品
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 一華後宮料理帖 第八品
サブタイトル
著者 [著者区分]■三川 みり [著・文・その他]
■凪 かすみ [イラスト]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
630円 シリーズ 角川ビーンズ文庫
ページ数 256p Cコード 0193
発売予定日 2019-04-01 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041080894 判型 文庫(A6)
内容紹介
皇后候補・雪理美と五龍が、宮城から忽然と消えた。皇帝・ショウ飛は自ら捜し出したい気持ちを抑え、丈鉄と伯礼に彼女の捜索を命じる。一方、知らせを聞いた朱西には心当たりがあった。西沙国との国交樹立を阻んだと、理美の存在を邪魔に思うその男――考仁の元へと出向いた朱西。冷ややかな気持ちで育ての父と対峙した朱西は、彼女の行方を追及するが「雪理美は死んだ」と言われて……!? 大切な思い出と「確執」を巡る、第8弾!!
目次
著者略歴(三川 みり)
広島県出身。第7回角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞受賞。『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』にてデビュー。他著に「封鬼花伝」シリーズ、「箱入り王女の災難」シリーズ、「ここは神楽坂西洋館」など。
著者略歴(凪 かすみ)
少女小説界屈指の人気イラストレーター。数々のレーベルで活躍。「赤き月の廻るころ」「秘薬の恋を月に誓う」他。
他の書籍を検索する