『十六歳のモーツァルト 天才作曲家・加藤旭が遺したもの』の詳細情報

十六歳のモーツァルト 天才作曲家・加藤旭が遺したもの
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 十六歳のモーツァルト 天才作曲家・加藤旭が遺したもの
サブタイトル
著者 [著者区分]小倉 孝保 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 312p Cコード 0095
発売予定日 2021-05-21 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784041112205 判型 46
内容紹介
作曲家・池辺普一郎から才能を賞賛された少年は、
幼少時から500曲を作るも、脳腫瘍で世を去った――
栄光学園同級生に影響を与え、病に向き合う人々を
勇気づけた〈永遠の十六年〉をたどる感動のノンフィクション!

「模倣がなく、すべてがオリジナルだ」
「目の前の風景を描くように音を紡いでいる」

幼少期から類いまれな作曲の才能に恵まれた加藤旭は、
音楽家から「モーツァルト以上の才能」と評され、将来を
嘱望される存在だった。しかし、栄光学園(神奈川県)進学後、
脳腫瘍を発症し、全身にがんが転移する悲劇に見舞われる。
宮沢賢治の童話に影響を受けた旭は、失明しながらも
オリジナルCDを世に残そうと、周囲の支えの中で一度
遠ざかった音楽に再び向き合う――。

序章  小さな天才作曲家
第一章 クレヨンの五線譜
第二章 広がる音楽の世界
第三章 発病
第四章 余命宣告
第五章 A ray of light(一筋の希望)
終章   旅立ち
目次
著者略歴(小倉 孝保)
1964年滋賀県生まれ。88年毎日新聞社入社。カイロ、ニューヨーク両支局長、欧州総局(ロンドン)長、外信部長、編集編成局次長を経て論説委員。2014年、日本人として初めて英国外国特派員協会賞受賞。『柔の恩人 「女子柔道の母」ラスティ・カノコギが夢見た世界』(小学館)で第18回小学館ノンフィクション大賞、第23回ミズノスポーツライター賞最優秀賞をダブル受賞。著書に『ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯』(KADOKAWA)『100年かけてやる仕事』(プレジデント社)など。
他の書籍を検索する