『鄙の記憶』の詳細情報

鄙の記憶
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 鄙の記憶
サブタイトル
著者 [著者区分]内田 康夫 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
600円 シリーズ 角川文庫
ページ数 400p Cコード 0193
発売予定日 2006-10-25 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041607671 判型 文庫(A6)
内容紹介
静岡の寸又峡で「面白い人に会った」という言葉を残して、テレビ局の記者が死亡。さらに、事件を追っていた新聞記者が失踪した。浅見はふたつの事件に隠された深き恩讐と対峙する! 本格推理長編。
目次
著者略歴(内田 康夫)
東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』を自費出版してデビュー。82年、名探偵・浅見光彦が初めて登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、全国を旅して日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている
他の書籍を検索する