『もしも高度に発達したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら』の詳細情報

もしも高度に発達したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル もしも高度に発達したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら
サブタイトル
著者 [著者区分]■土日月 [著・文・その他]
■白井 鋭利 [イラスト]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
680円 シリーズ Novel 0
ページ数 292p Cコード 0193
発売予定日 2018-01-15 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784042560661 判型 文庫(A6)
内容紹介
五感で楽しむMMO、それがVRMMOだ。冴えない営業・結城宏がひょんなことから入手したVRMMO、その名も「極クエスト」。10年前に発売されたゲームとはいえ、当時の技術の粋を集めて作られたこのVRMMOは「リアルを極めた」という謳い文句に違わず、世界のリアルさ、NPCの挙動、プレイヤーが受ける感覚、すべてが一級の出来映えであった。そう、たったひとつの問題――クリアするのが不可能なほどの超難易度を誇る極まったクソゲーである、ということ以外は。「ゲーム内での死=現実世界での死?」なんてことはなく、ゲーム機の完全破壊となってしまう絶望的な状況をクリアしろ!
目次
著者略歴(土日月)
カドカワBOOKSより刊行された「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」で作家としてデビュー。
他の書籍を検索する