『天皇の日本史 II』の詳細情報

天皇の日本史 II
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 天皇の日本史 II
サブタイトル
著者 [著者区分]井沢 元彦 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 280p Cコード 0021
発売予定日 2019-04-26 ジャンル 一般/単行本/日本歴史
ISBN 9784044004583 判型 46
内容紹介
その血筋の者以外、いかなる権力者といえども代替できない唯一無二の存在である「天皇」。皇帝でも国王でも君主でもない、日本独自の「天皇」はどのように生まれ、歴史にどんな影響をあたえてきたのか――

・邪馬台国は「ヤマト」、卑弥呼は「日御子」だ
・天皇陵築造は雇用創出のための公共事業だ
・古代日本では仏教を信じる僧侶は「ガイジン」だった
・中世の京都が焼け野原になったのは「応仁の乱」のせいではない
・世界が織田信長をうらやむ日がきっと来る
・東海道五十三次は京(天皇家)を
「死者の住む過去の世界」に封じ込めようとするものだ
・明治維新は天皇という存在があったからこそ成功した

歴代天皇のなかからキーポイントとなる天皇をあげ、その事績や歴史上の出来事との因果関係を、現代まで続く日本史の大きな流れのなかで読み解く。生前退位、新天皇即位、改元がなされる今、通説やタブーを乗りこえ、日本の歴史教育が無視してきた「事実」と「常識」を学び直す歴史入門講義、待望の第二弾!
目次
著者略歴(井沢 元彦)
1954年、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社。報道局在職中の80年に、『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念。独自の歴史観からテーマに斬り込む作品で多くのファンをつかむ。著書は『逆説の日本史』シリーズ(小学館)、『英傑の日本史』シリーズ、『井沢元彦の激闘の日本史』シリーズ(ともにKADOKAWA)など多数。
他の書籍を検索する