『大きなボク 小さなわたし』の詳細情報

大きなボク 小さなわたし
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 大きなボク 小さなわたし
サブタイトル
著者 [著者区分]たまねぎ [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
950円 シリーズ
ページ数 72p Cコード 0072
発売予定日 2017-12-08 ジャンル 一般/単行本/写真・工芸
ISBN 9784046021892 判型 A5変形
内容紹介
インスタグラムのフォロワー数が23万人の『tamanegi.qoo.riku』の写真集。3匹のスタンダードプードルと1歳4ヶ月の小さな女の子が織りなす日常風景を切り取る。
女の子のまめちゃんは、生まれたときから大きなプードルに囲まれて育ったため、3匹を兄弟のように思い、いつも一緒に行動している。
おやつを食べたり、野原をかけ回ったり、お昼寝をしたり、いつも一緒の3匹と女の子。
スタンダードプードルは、モコモコの毛足で、大人と同じくらい大きい。小さなまめちゃんの隣に座ると、まるでガリバー旅行記の小人の世界に旅したみたいな不思議な絵になる。
また、3匹とまめちゃんのおそろいコーデ、コスプレをしたハロウィン、クリスマスなどの衣装も楽しい。
目次
わたしが生まれたとき、くぅさん、りっくんはいた
わたしたちの12ヶ月など
著者略歴(たまねぎ)
スタンダードプードルを愛してやまないまめちゃんのおばあちゃん。黒のくぅさんを飼い始めたところ、穏やかで賢くひょうきんなこの犬種の魅力にはまる。そして白のりっくんが仲間入り。そうこうしているうちに、息子さんが結婚、まめちゃんが生まれる。まめちゃんが生まれてから白のがくっんが加わる。犬たちとまめちゃんの画像をインスタグラムにアップしたところ大人気に。とくにりっくんとまめちゃんのツーショットは「遠近感がどうにかなっちゃいそう」なくらいアンバランスで1アップで5万いいね!を獲得するほどの大人気となっている。
他の書籍を検索する