『精神科医が断言する 「老後の不安」の9割は無駄』の詳細情報

精神科医が断言する 「老後の不安」の9割は無駄
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 精神科医が断言する 「老後の不安」の9割は無駄
サブタイトル
著者 [著者区分]保坂 隆 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1100円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0095
発売予定日 2019-03-22 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784046042750 判型
内容紹介
知らないと損! 
「第二の人生」を楽にする心の持ち方、教えます!

「人生の後半、どう生きようか・・・」
大切な残りの人生、どうなるかわからない行く末に不安ばかり抱き、
ただひたすらに悩みをふくらませているシニア世代は少なくありません。

本書は、これまでの「こだわり」を捨て去り、「何となく」「わけもなく」思い悩むことをやめ、
より楽しく、よりラクに、すがすがしく生きていくための秘訣が満載の「シニアのための生き方」本です。
目次
第1章 老後を楽しむための極意 ~「老い」を気にしないとっておきの考え方
第2章 イライラにさようなら ~余計な「不安」はすっきり捨て去ろう
第3章 クヨクヨなんてもったいない ~「悩み」はこう考え、こう解消すればいい
第4章 暮らしを一変させる心得 ~毎日の「不便」が改善する納得のやり方
第5章 人づきあいが楽になるヒント ~「無駄」なコミュニケーションはやめる
第6章 心と体を健やかに保つコツ ~健康面への「心配」を前向きに変える
第7章 頭を鍛えるカンタン脳活術 ~脳の「衰え」を止める意外なトレーニング
著者略歴(保坂 隆)
1952年、山梨県生まれ。聖路加国際病院診療教育アドバイザー、保坂サイコオンコロジー・クリニック院長。慶應義塾大学医学部を卒業後、同大精神神経科教室入局。1990年より2年間、米カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)精神科に留学。東海大学医学部教授、聖路加看護大学臨床教授などを経て、現職。著書多数。
他の書籍を検索する