『ちょっと神さまになってみました ~死んで分かった、あの世の仕組み~』の詳細情報

ちょっと神さまになってみました ~死んで分かった、あの世の仕組み~
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ちょっと神さまになってみました ~死んで分かった、あの世の仕組み~
サブタイトル
著者 [著者区分]■荒川 祐二 [著・文・その他]
■高橋 日董 [監修]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0076
発売予定日 2021-02-26 ジャンル 一般/単行本/諸芸・娯楽
ISBN 9784046051134 判型 46
内容紹介
「死んだら人はどうなるの?」そんな誰もが一度は思ったことはあるであろう疑問に対して、すべての答えを網羅した、内容に。今回は現役住職さんが監修に入ることで、神仏両面、またスピリチュアルと知識の両面から
目次
著者略歴(荒川 祐二)
1986年3月25日生まれ上智大学経済学部経営学科卒作家・小説家として、これまでに様々なジャンルの本を上梓。2017年3月から始まった、『神さまと友達になる』というブログでは、古事記の物語や日本の神々の歴史やその姿をコミカルに伝え続け、わずか半年で1日最高5万アクセス、月間アクセス100万を突破する人気ブログとなる。
著者略歴(高橋 日董)
1981 年8 月7 日生まれ
大阪にある妙唱寺のお寺の次男として産まれる。師匠である父は在家の出身でありながら、百日の修行を十回達成し、阿闍梨号の称号をもつ。 大学卒業後に仏門に入り、2006 年に結婚。同時に岐阜県多治見市に移り、長高寺に着任。世界三大荒行の一つと称される日蓮宗の大荒行堂を3度敢行。 年に一度の祈祷祭では、御寺の本堂から人があふれかえり、お寺離れする時代と逆行している。地元テレビ局にも密着するほどの盛況ぶりである。
他の書籍を検索する