『レシピにたくした料理人の夢 難病で火を使えない少年』の詳細情報

レシピにたくした料理人の夢 難病で火を使えない少年
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル レシピにたくした料理人の夢 難病で火を使えない少年
サブタイトル
著者 [著者区分]■よん [イラスト]
■百瀬 しのぶ [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
680円 シリーズ 角川つばさ文庫
ページ数 192p Cコード 8295
発売予定日 2018-09-15 ジャンル 児童/新書/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784046318015 判型 新書(B40)
内容紹介
だんだん体が動かなくなっていってしまう難病「脊髄小脳変性症」の母に代わり、6歳で台所にたち始めた昇兵は、やがて料理人を夢見るように。
しかしある日、自分も母と同じ病におかされていると知らされる。
どうして――!
どうしてうちだけ――!!
病気によって「火を使うこと」を禁止され、料理人への道をとざされ、自暴自棄になった昇兵。
そんな彼をふるいたたせたのは、「火を使わずに作れる料理」のレシピをつくる、という新しい夢だった。
テレビや新聞でも話題!
全国で感動をよんだ、勇気のノンフィクション。
目次
著者略歴(百瀬 しのぶ)
作家・ライター。主な作品に『この学校に、何かいる』、『世界を動かすことば 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』(ともに角川つばさ文庫刊)などがある。ノベライズ作品に、「悪夢ちゃん」シリーズ、『ももへの手紙』(ともに角川つばさ文庫刊)、『おくりびと』『海街diary』(ともに小学館刊)など多数。ノンフィクションライターとしても幅広く活躍する。
他の書籍を検索する