『怪盗探偵山猫 月下の三猿』の詳細情報

怪盗探偵山猫 月下の三猿
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 怪盗探偵山猫 月下の三猿
サブタイトル
著者 [著者区分]■ひと和 [イラスト]
■神永 学 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
780円 シリーズ 角川つばさ文庫
ページ数 384p Cコード 8293
発売予定日 2019-06-15 ジャンル 児童/新書/日本文学、小説・物語
ISBN 9784046319135 判型 新書(B40)
内容紹介
華麗な犯行のあとに、かならず悪事が暴かれる…神出鬼没のクールな怪盗、その名も「山猫」!  勝村は、山猫の正体を知って以来、なにかと振りまわされている。ある日、猿の仮面をかぶった謎の男たちに襲われていた子を助けた勝村。少女は「私は「猿」の娘です」と名乗り、父が遺したあるものを見つけるため、山猫を探しているという。そこには、かつて世間をさわがせた窃盗団“三猿”が関係しているらしくて…!?
目次
著者略歴(ひと和)
イラストレーター。『バベル』『アンダーランド・ドッグス』(共に電撃文庫)、「悪夢ちゃん」シリーズ(角川つばさ文庫)の挿絵他、ソーシャルゲーム、カードゲームなど幅広いジャンルで活躍中
著者略歴(神永 学)
2003年『赤い隻眼』でデビュー。改題した「心霊探偵八雲」シリーズでブレイク。様々なエンタテインメント作品を発表し続けている。
他の書籍を検索する