『鎌倉仏教』の詳細情報

鎌倉仏教
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 鎌倉仏教
サブタイトル
著者 [著者区分]平岡 聡 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1700円 シリーズ
ページ数 272p Cコード 0315
発売予定日 2021-03-02 ジャンル 一般/全書・双書/仏教
ISBN 9784047037076 判型 46変形
内容紹介
鎌倉期は、天災や飢饉が頻発して「死」がむき出しになり、末法の世に突入した。鎌倉新仏教は異端として New normal を創造し、その後「正統」となった。「異端」の六僧の教えから今を生きる知恵を学ぶ。
目次
はじめに

序 章 昏迷の現代 ── 今なぜ鎌倉仏教なのか

第一章 専修の意味 ── オールインワンという視点

第二章 平安の仏教 ── 最澄と空海

第三章 栄西の仏教 ── 兼修禅

第四章 道元の仏教 ── 只管打坐

第五章 法然の仏教 ── 八種選択

第六章 親鸞の仏教 ── 信心

第七章 日蓮の仏教 ── 四箇格言

第八章 一遍の仏教 ── 名号一元論

終 章 異端の意義 ── 宗派仏教の未来

おわりに

引用文献ならびに主要参考文献

著者略歴(平岡 聡)
1960年京都市生まれ。佛教大学文学部仏教学科卒業。ミシガン大学アジア言語文化学科留学。1960年、京都市生まれ。京都文教学園学園長・京都文教大学学長。専門は仏教学。佛教大学大学院博士課程満期退学。博士(文学)。京都文教大学教授を経て、2014年より現職。著書に『ブッダの大いなる物語』『法華経成立の新解釈』『大乗経典の誕生』『ブッダの処世術』など。
他の書籍を検索する