『アリストテレス 心とは何か』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アリストテレス 心とは何か
サブタイトル
著者 [著者区分]■アリストテレス [著・文・その他]
■桑子 敏雄 [翻訳]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
930円 シリーズ 講談社学術文庫
ページ数 246p Cコード 0110
発売予定日 1999-02-10 ジャンル 一般/文庫/哲学
ISBN 9784061593633 判型 文庫(A6)
内容紹介
師プラトンをはじめとする先哲の諸研究を総括・批判し、独自の思索を縦横に展開した本書は、心について論じた歴史上最初の書物である。難解なことでも知られるこの書の翻訳に、気鋭の哲学者が挑戦。分かりやすさ・読みやすさを主眼に訳出し、理解を深めるため懇切かつ詳細な訳注と解説を付した。アリストテレス哲学の精髄、新訳で文庫界に初登場。
目次
●第1巻
第1章 心についての探究法と、それに関連する諸問題
第2章 心についての先人たちの見解
第3章 心を運動するものとする説の批判
第4章 心を調和とする説、心を自己自身を動かす数とする説の批判
第5章 心を自己自身を動かす数とする説、諸元素から成るものとする説、万物に内在するとする説の批判
●第2巻
第1章 心の一般的な定義
第2章 原因としての心の定義
第3章 心の諸能力と種に固有な定義の与え方
第4章 栄養摂取能力、生殖能力
第5章 感覚について論じるための重要な術語 ほか
●第3巻
第1章 感覚の種類の数、共通感覚
第2章 共通感覚のはたらき、判別する能力
第3章 感覚と思考の区別、心的表象
第4章 思惟するものとしての理性
第5章 作用する理性と作用を受ける理性 ほか
他の書籍を検索する