『体育館の日曜日 ペットショップへいくまえに』の詳細情報

体育館の日曜日 ペットショップへいくまえに
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 体育館の日曜日 ペットショップへいくまえに
サブタイトル
著者 [著者区分]■村上 しいこ [著・文・その他]
■村上 しいこ [著・文・その他]
■田中 六大 [著・文・その他]
■田中 六大 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ わくわくライブラリー
ページ数 96p Cコード 8093
発売予定日 2018-05-17 ジャンル 児童/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784061957954 判型 A5
内容紹介
ここは、せんねん町の、まんねん小学校。
どこにでもある小学校だと思うでしょ。
でも、ちょっとちがうんですよね。
とくに、日曜日は……。
というわけで、今回は体育館のなかまたちのお話です。
バケツが飼っていた金魚が行方不明になってしまいました。ほうき、ぞうきん、はね……みんなで相談して、ペットショップにまいごさがしのポスターをはってもらうことにしました。なわとびを先頭に、ペットショップをめざして歩きはじめたのですが……。
目次
著者略歴(村上 しいこ)
村上しいこ
三重県生まれ。
『うたうとは小さないのちひろいあげ』で第53回野間児童文芸賞受賞。近著に『たべもののおはなし エビフライ にげたエビフライ』(さとうめぐみ・絵)『じてんしゃのほねやすみ』(長谷川義史・絵)など。「むかし手作りチョコレートを作りました。かえってきたへんじは、『こんなかたいチョコレート、一生わすれられへんやろ』でした。気持ちもだいじやけど、きおくもだいじ。いまでもおぼえてくれているかな?」
ホームページ http://www.geocities.jp/m_shiiko/
著者略歴(村上 しいこ)
村上しいこ
三重県生まれ。
『うたうとは小さないのちひろいあげ』で第53回野間児童文芸賞受賞。近著に『たべもののおはなし エビフライ にげたエビフライ』(さとうめぐみ・絵)『じてんしゃのほねやすみ』(長谷川義史・絵)など。「むかし手作りチョコレートを作りました。かえってきたへんじは、『こんなかたいチョコレート、一生わすれられへんやろ』でした。気持ちもだいじやけど、きおくもだいじ。いまでもおぼえてくれているかな?」
ホームページ http://www.geocities.jp/m_shiiko/
著者略歴(田中 六大)
田中六大
1980年東京都生まれ。
近著に『おとのさま、スキーにいく』(中川ひろたか・作) 『たべもののおはなし おむすび うめちゃんとたらこちゃん』(もとしたいづみ・作)など。「チョコレート大好きです! ぼくが小学生のときはシールのおまけつきのチョコレート菓子が大流行していました。ところで、最近よく使っている絵の具で、チョコレート色の絵の具があって、チョコレートのにおいがする気がするのですが、たぶん気のせいだと思います」
ホームページ http://www.rokudait.com/
著者略歴(田中 六大)
田中六大
1980年東京都生まれ。
近著に『おとのさま、スキーにいく』(中川ひろたか・作) 『たべもののおはなし おむすび うめちゃんとたらこちゃん』(もとしたいづみ・作)など。「チョコレート大好きです! ぼくが小学生のときはシールのおまけつきのチョコレート菓子が大流行していました。ところで、最近よく使っている絵の具で、チョコレート色の絵の具があって、チョコレートのにおいがする気がするのですが、たぶん気のせいだと思います」
ホームページ http://www.rokudait.com/
他の書籍を検索する