『微熱はなぜからだにいいのか 毛細血管が生き返る生活術 家庭でできる体温一度上げ』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 微熱はなぜからだにいいのか 毛細血管が生き返る生活術 家庭でできる体温一度上げ
サブタイトル
著者 [著者区分]鄭 忠和 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 160p Cコード 2077
発売予定日 2018-03-30 ジャンル 実用/単行本/家事
ISBN 9784062203685 判型 46
内容紹介
第一章 血管の老化があらゆる病気の原因だった
 生活習慣病は老化病
 免疫力の低下は体温の低さが原因
体温を上げて血管再生が可能
 和温療法が効果のある理由

第二章 お風呂で10分!誰でもできる、NO分泌活性入浴法

 41度10分のバスタイム
 体温上昇のための生活術
 体温を上げる食材とメニュー
 サウナの正しい利用法 

第3章
こんな病気も治った! 和温療法のすごい効果

心不全
糖尿病などによる閉塞性動脈硬化症
慢性疲労症候群
線維筋痛症


さいごに
 高度先進医療として厚労省承認 15の病院で高度先端医療としての治療が受けられ、30以上の病院、施設で和温療法を導入。保険適用間近。広がりを見せる和温療法は、最適の病気予防 幸福な長寿=福寿に効果大。
目次
著者略歴(鄭 忠和)
鹿児島大学医学部卒。東京大学、UCLAを経て、アジア・太平洋心エコー・ドプラ会議理事長、日本心臓病学会理事長などを歴任後、平成24年3月に鹿児島大学大学院・循環器呼吸器代謝内科教授を定年退職、「和温療法」の確立と普及をめざし、東京医に和温療法研究所を開設
http://www.waon-therapy.com/institute.html
他の書籍を検索する