『大聖堂・製鉄・水車―中世ヨーロッパのテクノロジー』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 大聖堂・製鉄・水車―中世ヨーロッパのテクノロジー
サブタイトル
著者 [著者区分]■ジョセフ・ギース [著・文・その他]
■ジョゼフ・ギース [著・文・その他]
■フランシス・ギース [著・文・その他]
■栗原 泉 [翻訳]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1150円 シリーズ 講談社学術文庫
ページ数 384p Cコード 0122
発売予定日 2012-12-11 ジャンル 一般/文庫/外国歴史
ISBN 9784062921466 判型 文庫(A6)
内容紹介
「暗闇の中世」は、実は技術革新の時代だった! 直観を働かせ、失敗と挑戦を繰り返した職人と企業家、聖職者や芸術家たちの世界。
目次
第一章 はじめに―中世は技術革新の時代だった
第二章 ギリシャ・ローマ時代
第三章 西暦500~900年
第四章 東洋の技術
第五章 西暦900~1200年
第六章 西暦1200~1400年
第七章 中世の終わり
著者略歴(ジョセフ・ギース)
Joseph & Frances Gies アメリカ、ミシガン州アナーバー近郊に在住。中世史家。主な著書に『中世ヨーロッパの城の生活』『中世ヨーロッパの都市の生活』『中世ヨーロッパの農村の生活』『中世の家族』など。
著者略歴(ジョゼフ・ギース)
Joseph & Frances Gies アメリカ、ミシガン州アナーバー近郊に在住。中世史家。主な著書に『中世ヨーロッパの城の生活』『中世ヨーロッパの都市の生活』『中世ヨーロッパの農村の生活』『中世の家族』など。
著者略歴(栗原 泉)
1965年、米国セント・メリー大学卒業。エンサイクロペディア・ブリタニカ日本支社編集部勤務を経て、現在、翻訳家。主な訳書に『中世ヨーロッパの城の生活』『哲学の基礎』『キレイならいいのか』『災害に傷ついたあなたへ』など。
他の書籍を検索する