『日本の産業革命――日清・日露戦争から考える』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本の産業革命――日清・日露戦争から考える
サブタイトル
著者 [著者区分]石井 寛治 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1050円 シリーズ 講談社学術文庫
ページ数 320p Cコード 0121
発売予定日 2012-12-11 ジャンル 一般/文庫/日本歴史
ISBN 9784062921473 判型 文庫(A6)
内容紹介
日本の近代化を支えたものは戦争と侵略だったのか?
明治の国家目標「殖産興業」はいつ、なぜ、どのように「強兵」へと転換したか

製糸・紡績、鉄道、鉱山、金融。日本の近代化を支えたものは戦争と侵略だったのか? 本書は日清・日露両戦争と産業革命の関係を軸に、構造を変革する主体の姿を解明、新たな歴史像を描出する。明治の国家目標「殖産興業」が「強兵」へと転換する過程を追い、十九世紀末から二十世紀初頭にかけて世界経済の中で日本が選択した道を鮮やかに活写する。
目次
序章 今なぜ産業革命か?
第一章 外資排除のもとでの民業育成
    日本産業革命の前提(一八七三~一八八五)
第二章 対外恐怖からの対外侵略
    産業革命の開始と日清戦争(一八八六~一八九五)
第三章 帝国の利権をめぐる日露対決
    産業革命の展開と日露戦争(一八九六~一九〇五)
第四章 無賠償のかわりに朝鮮・満州を
    産業革命の終了とアジア侵略(一九〇六~一九一四)
終章 産業革命から情報革命へ
他の書籍を検索する