『大伴昌司〈未刊行〉作品集 大伴昌司エッセンシャル』の詳細情報

大伴昌司〈未刊行〉作品集 大伴昌司エッセンシャル
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 大伴昌司〈未刊行〉作品集 大伴昌司エッセンシャル
サブタイトル
著者 [著者区分]紀田 順一郎 [著・文・その他]
出版社 講談社コミッククリエイト レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 196p Cコード 0979
発売予定日 2016-09-29 ジャンル 一般/コミック/コミックス・劇画
ISBN 9784063649994 判型 A5
内容紹介
「畏友・大伴昌司とその時代」紀田順一郎(抄)

怪物・大伴昌司を解く手がかり

SF評論家もしくは「怪獣博士」として広く知られ、後続世代に大きな影響を与えた大伴昌司の生涯は、わずか三十六年でしかなかった。まことに惜しまれるだけに、生きていたらどんな人物になり、どんな業績をあげていたかということを、いまなお思い続けている。


1960年代中期から70年代前半にかけて「週刊少年マガジン」巻頭ページの怪獣や近未来などの図解グラビアで一世を風靡した、稀代の編集者・大伴昌司。生誕80周年を記念して、盟友・紀田順一郎の手による大伴昌司を解く手がかりとなる珠玉の単行本《未刊行》作品集を初編纂! 大伴の同人誌時代からミステリ各誌の連載コラムやエッセイ、創作を中心に紀田順一郎筆の書き下ろし評伝や解題とともに半世紀以上を経て一挙初収録!
目次
巻頭口絵
大伴昌司のデビュー雑誌/資料魔 大伴昌司の真骨頂/大伴昌司のルポルタージュ
畏友・大伴昌司とその時代 ………6
大伴昌司 作品集
◇推理小説
ゲイト・パス ………32
◇ショート・ショート
恋人 ………48
今晩おヒマ? ………54
◇連載コラム
トータルスコープ SF・シネサロン〈新連載〉………58
よろず人生案内〈新連載〉 私は死にたい! 自殺のための毒薬の手引き ………60
◇エッセイ
本格撲滅論 ………62
現代アマノジャク入門講座1〈新連載〉 あなたもアマノジャクになれる! ………63
宇宙狂時代 織尾琢磨 ※紀田順一郎のペンネーム ………66
マンション時代の夢と現実 ………70
埋もれた名作 大伴昌司の創作三篇 ………74
◇初期の論考
書評 有馬頼義『夜の配役』 ………75
恐怖映画に栄光あれ ………78
TO BUY OR NOT TO BUY 殉死(三島由紀夫)………80
フォークナーの再評価 ………81
神田残酷物語 ………82
さようなら! 宝石 ………85
◇ユーモア・パロディ
SRパーラー 推理作家株価一覧表 S-R証券大阪支社 7月29日(日)前場奇付 ………86
あなたも一週間で 評論家になるトレーニング/ほめ言葉辞典/SR証券 推理評論家株価一覧表(九月終値)………88
◇創作ノート
小説プロット1・2(活字翻刻)………92
大伴昌司と「怪奇幻想」………96
◇参考編
講談社社内資料
映像文化と活字文化(週刊少年マガジン編集長:内田勝とのディスカッション)………97
大伴昌司の書簡
清水晶 先生(活字翻刻)………110
1970年 年賀状 ………113
岡俊雄 先生 ※次項「SFの手帖」の献本ご挨拶として―― ………114
◇誌上完全復刻
SFの手帖 S-R Monthly ’65(S-R版)………115
S-R通信「SFの手帖 S-R Monthly ’65」別刷り ………187
あとがき ………188
著者略歴(紀田 順一郎)
評論家・作家 1935年4月16日生、大伴昌司とは慶應応大学在学中、推理小説同好会を通じて親交を結んだが、卒業後は商社勤務のかたわら「恐怖文学セミナー」を設立、同人誌「THE HORROR」を創刊、評論、翻訳活動をはじめた。その後独立し、近代史、メディア論を専門とした評論活動に入るが、1970年代の怪奇幻想ブームにおいては「怪奇幻想の文学」「世界幻想文学大系」(荒俣宏共編)などを通じ、海外ホラー、ファンタジーを多数紹介、創作「古本屋探偵の事件簿」も手がけた。回想録「幻島はるかなり」などで、大伴昌司の思い出を語っている。「幻想と怪奇の時代」(松籟社)により、2008(平成20)年度日本推理作家協会賞を受賞。
他の書籍を検索する