『島原の乱 キリシタン信仰と武装蜂起』の詳細情報

島原の乱 キリシタン信仰と武装蜂起
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 島原の乱 キリシタン信仰と武装蜂起
サブタイトル
著者 [著者区分]神田 千里 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1090円 シリーズ 講談社学術文庫
ページ数 296p Cコード 0121
発売予定日 2018-08-12 ジャンル 一般/文庫/日本歴史
ISBN 9784065117279 判型 文庫(A6)
内容紹介
関ヶ原合戦の記憶も遠のきつつあった1637年、彼らは突如として蜂起した。幕府や各地大名を震撼させ、12万人の大軍をもってしてようやく鎮められた大規模な一揆は、なぜ、いかにして起こったのか?  「抵抗」や「殉教」の論理だけでは説明できない核心は何か。信者のみならぬ民衆、戦国を生き抜いてきた牢人、再改宗者らが絡み合う乱の実相を、鮮やかに描き出した傑作論考! 宗教という視角から戦国時代について深く考察を続けてきた第一人者だからこそ書けた、「神国」思想と日本人という根源的な問題へと切り込む、必読の書。「島原の乱」考察の決定版。(2005年に中公新書より刊行されたものの文庫化) 

【本書の内容】
民衆を動かす宗教―序にかえて
第一章 立ち帰るキリシタン
第二章 宗教一揆の実像
第三章 蜂起への道程
第四章 一揆と城方との抗争
第五章 原城籠城
第六章 一揆と信仰とつながり
学術文庫版あとがき
目次
民衆を動かす宗教―序にかえて
第一章 立ち帰るキリシタン
第二章 宗教一揆の実像
第三章 蜂起への道程
第四章 一揆と城方との抗争
第五章 原城籠城
第六章 一揆と信仰とつながり
著者略歴(神田 千里)
1949年生まれ。東京大学文学部卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。高知大学教授を経て、東洋大学文学部教授、博士(文学)。専攻は、日本中世史(中世後期の宗教社会史)。主な著書に、『宗教で読む戦国時代』(講談社選書メチエ)、『一向一揆と戦国社会』(吉川弘文館)、『戦国と宗教』(岩波書店)、『宣教師と『太平記』』(集英社新書)、『織田信長』(ちくま新書)など。
他の書籍を検索する