『近代日本の中国観 石橋湛山・内藤湖南から谷川道雄まで』の詳細情報

近代日本の中国観 石橋湛山・内藤湖南から谷川道雄まで
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 近代日本の中国観 石橋湛山・内藤湖南から谷川道雄まで
サブタイトル
著者 [著者区分]岡本 隆司 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1550円 シリーズ 講談社選書メチエ
ページ数 232p Cコード 0322
発売予定日 2018-07-12 ジャンル 一般/全書・双書/外国歴史
ISBN 9784065123522 判型 46
内容紹介
日本は、つねに中国を意識しながら歴史を歩んできたが、とくに、明治維新以後、近代日本となって以来、中国研究はきわめて深く、幅広いものとなり、東洋史という歴史分野を生み出した。
では、明治以降、戦後に至るまでに、日本人はどのように中国を研究し、考えてきたのか。
歴史に名を残す学者たちの研究をあらためて読み直し、「日本人の中国観」の形成と変遷を跡づける。
それはまた、日中関係を考え直す契機にもなるだろう。
石橋湛山の「小日本主義」とはなんだったのか。巨人・内藤湖南の「唐宋変革論」とは? 
宮崎市定や谷川道雄など、数多くの論者の中国論にふれ、その歴史を読み直す。
目次
 
著者略歴(岡本 隆司)
1965年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。現在、京都府立大学教授。専攻は、近代アジア史。主な著書に、『近代中国と海関』(名古屋大学出版会、大平正芳記念賞)、『属国と自主のあいだ』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞)、『中国の誕生』(名古屋大学出版会、アジア・太平洋賞特別賞・樫山純三賞)、『世界のなかの日清韓関係史』『中国「反日」の源流』(いずれも講談社選書メチエ)、『李鴻章』『袁世凱』(いずれも岩波新書)、叢書「東アジアの近現代史」第1巻『清朝の興亡と中華のゆくえ』(講談社)など多数。
他の書籍を検索する