『異世界再建計画 1 転生勇者の後始末 』の詳細情報

異世界再建計画 1 転生勇者の後始末 
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 異世界再建計画 1 転生勇者の後始末 
サブタイトル
著者 [著者区分]■南野 雪花 [著・文・その他]
■Kotakan [イラスト]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ レジェンドノベルス
ページ数 256p Cコード 0093
発売予定日 2019-03-07 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784065142486 判型 46
内容紹介
ごくありふれた人生をおくってきたエイジ。公務員として役所に勤務する日々を送り、30歳を迎えて結婚を控えたある日突然、異世界へ転移する。その世界はやはり転生してきた勇者によって平和を取り戻していた後だった。ところが、転生した勇者が転生したことによって、世界は別の形で新たな脅威を迎えつつあった。平凡な公務員だった男に与えられた新たな「仕事」。それは、勇者によって崩壊しつつある異世界の「再建」だった―。


 平凡な公務員だった男に与えられた新たな「仕事」。それは、勇者によって崩壊しつつある異世界の「再建」――
 ごくありふれた人生をおくってきたエイジ。公務員として役所に勤務する日々を送り、30歳を迎えて結婚を控えたある日突然、異世界へ転移する。その世界はやはり転生してきた勇者によって平和を取り戻していた後だった。ところが、転生した勇者が転生したことによって、世界は別の形で新たな脅威を迎えつつあった。その脅威とは、なんと「脚気」。現代では治療法が確立された病気だが、転生したきた勇者が「現代日本の知識」を持ち込んだおかげで、この世界のルールが崩れ、存在するはずのなかった病気が蔓延しつつあったのだ。
 公務員としての知識を駆使して、問題解決に挑むことになったエイジ。サポートするのは、人間の言葉を話すドラゴンのティアマトただ一頭のみ。この、人間とドラゴンのコンビは、異世界にはびこる病気を駆除し、異世界の人々を救うことができるのか!?
目次
 
著者略歴(南野 雪花)
新井素子、菊地秀行、田中芳樹らの影響を受けて小説を書き始める。PBMのマスターなどを経て、2015年から投稿サイト「小説家になろう」に小説を投稿を開始。本作がデビュー作となる。
他の書籍を検索する