『ブロックチェーン 相互不信が実現する新しいセキュリティ』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ブロックチェーン 相互不信が実現する新しいセキュリティ
サブタイトル
著者 [著者区分]岡嶋 裕史 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ ブルーバックス
ページ数 288p Cコード 0204
発売予定日 2019-01-17 ジャンル 一般/新書/情報科学
ISBN 9784065144350 判型 新書(B40)
内容紹介
参加者が誰もお互いを信用し合っていないからこそ、正確な計算結果が世界中で未来永劫保存される──。
暗号通貨(仮想通貨)ビットコインを支える仕組みとして登場したブロックチェーンは、かつてのインターネットのように新たなインフラへと育ちつつある。その本質は、構造はどうなっているのか?
社会を一変させる可能性を秘めた新技術の根幹と限界を見きわめるべく技術解説書のトップ著者が挑んだ、「これ1冊で網羅できる」ブロックチェーンの決定版入門書!
目次
 
著者略歴(岡嶋 裕史)
岡嶋 裕史
中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了。博士(総合政策)。富士総合研究所、関東学院大学准教授、情報科学センター所長を経て、現在は中央大学総合政策学部准教授および国際情報学部開設準備室副室長。専門分野は情報ネットワーク、情報セキュリティ。朝日新聞出版「大学ランキング2016」メディアへの発信度(教員:書籍)で8位。著書『セキュリティはなぜ破られるのか』『構造化するウェブ』(講談社ブルーバックス)ほか、NHKテレビテキストや技術教本、ライトノベルなど、執筆活動は多岐にわたり160冊を超える。
他の書籍を検索する