『時代ミステリ傑作選 逃亡記』の詳細情報

時代ミステリ傑作選 逃亡記
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 時代ミステリ傑作選 逃亡記
サブタイトル
著者 [著者区分]山本 周五郎 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
640円 シリーズ 講談社文庫
ページ数 320p Cコード 0193
発売予定日 2019-04-16 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784065148921 判型 文庫(A6)
内容紹介
突如、命を狙われた武士とそれを助ける女。男が明かされた自らの素性と軍用金を巡る藩内の権力闘争。大きな渦に巻き込まれた武士は……。表題作にして名作「逃亡記」、南町奉行所を舞台に、左官職人を殺めた罪で投獄された女の取り調べを行うなかで浮かび上がる深川・しじみ河岸に生きる人々の姿を鮮烈に描く「しじみ河岸」など。市井に生きる人々の息づかい、生活、そして生き様を活写した名手の筆が光る江戸ミステリの傑作六篇。


突如、命を狙われた武士とそれを助ける女。男が明かされた自らの素性と軍用金を巡る藩内の権力闘争。大きな渦に巻き込まれた武士は……。表題作にして名作「逃亡記」、南町奉行所を舞台に、左官職人を殺めた罪で投獄された女の取り調べを行うなかで浮かび上がる深川・しじみ河岸に生きる人々の姿を鮮烈に描く「しじみ河岸」など。市井に生きる人々の息づかい、生活、そして生き様を活写した名手の筆が光る江戸ミステリの傑作六篇。 
目次
しじみ河岸
改訂御定法
逃亡記
枕を三度たたいた
本所みぞれ河岸
夕靄の中
著者略歴(山本 周五郎)
1903年、山梨県に生まれる。本名は清水三十六(さとむ)。小学校卒業後、銀座の質屋で奉公、後に筆名としてその名を借りることになる店主・山本周五郎の庇護のもと、同人誌などに小説を書き始める。1926年、「文藝春秋」に『須磨寺附近』を発表、文壇デビュー。その後、不遇の時代が続くが、時代小説作家として認められはじめる。戦中から戦後まで連載が続けられた『日本婦道記』(1942-1946)で直木賞に推されるが辞退。主な代表作に『樅ノ木は残った』(1958)、『赤ひげ診療譚』(1958)、『青べか物語』(1960)、『おさん』(1961)などがある。1967年、逝去。
他の書籍を検索する