『FGOミステリー 翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件』の詳細情報

FGOミステリー 翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル FGOミステリー 翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件
サブタイトル
著者 [著者区分]■円居 挽 [著・文・その他]
■山中 虎鉄 [イラスト]
■TYPE-MOON [原著]
出版社 星海社 レーベル
本体価格
(予定)
1350円 シリーズ 星海社FICTIONS
ページ数 240p Cコード 0093
発売予定日 2019-05-25 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784065157077 判型 B6
内容紹介
FGO×本格ミステリー

孤島の館(クローズド・サークル)の連続殺人犯を正答せよ!


ホテル「虚月館」を舞台に巻き起こる、「ヴァイオレット家」と「ゴールディ家」の波瀾。

カルデアのマスター・藤丸立香はその渦中にある人物・リッカと突如として意識が接続してしまう。

英霊の姿を纏った「別人」たちが居並ぶこの孤島の館で発生した連続殺人事件の捜査を、立香は世界的名探偵と稀代の犯罪王の助力を元に開始するが――。


「この『虚月館殺人事件』には興を削ぐような後出しの情報は一切ない。

だから安心して推理して欲しい」


全FGOプレイヤーを推理の熱狂に叩き込んだ極上の“犯人当て”を、イベントシナリオを手がけた円居挽自らが公式ノベライズ!
目次
著者略歴(円居 挽)
1983年、奈良県生まれ。京都大学卒業。京都大学推理小説研究会に所属し、2009年に『丸太町ルヴォワール』で講談社BOXよりデビュー。同作から始まる『ルヴォワール』シリーズ(講談社)のほか、『キングレオの冒険』(文藝春秋)、『シャーロック・ノート』(新潮文庫nex)などの著作がある。
著者略歴(山中 虎鉄)
イラストレーター。『ブラックラグーン』(広江礼威/小学館)彩色のほか、劇場版『Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS』キービジュアル、『Fate/Grand Order』シャーロック・ホームズ、魔神柱のキャラクターデザインなどを手がける。
他の書籍を検索する