『殺意の証 警視庁捜査一課・田島慎吾』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 殺意の証 警視庁捜査一課・田島慎吾
サブタイトル
著者 [著者区分]梶永 正史 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ 講談社ノベルス
ページ数 224p Cコード 0293
発売予定日 2019-06-07 ジャンル 一般/新書/日本文学、小説・物語
ISBN 9784065161661 判型 新書(B40)
内容紹介
「このミス大賞」作家による
『銃の啼き声 潔癖刑事・田島慎吾』シリーズ最新刊!

連続殺人を解く鍵は「パパ活」に!?
想定外の展開が続く「相棒」警察小説!       

都内で連続殺人事件が発生。双方の現場に残された同じキャラクターグッズについて
警視庁きっての潔癖刑事・田島と天然女性刑事・毛利が捜査を始めるが、
またもグッズが置かれた女子大生襲撃事件が起きてしまう。
キャラクターに籠められた犯人の意図とは? 
捜査から浮かび上がる被害者女子大生のパパ活とストーカー被害。
田島らはパパ活相手に事情を聞き始めたが、事態は思わぬ方向へ。
読み応えと楽しさ120パーセントのエンタメ警察小説!

目次
著者略歴(梶永 正史)
1969年、山口県生まれ。『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』で
第12回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2014年にデビュー。
他の著書に『警視庁捜査二課・郷間彩香 パンドーラ』、
『組織犯罪対策課 白鷹雨音』、『ノー・コンシェンス 要人警護員・山辺努』、
『アナザー・マインド ×1(バツイチ)捜査官・青山愛梨』などがある。
他の書籍を検索する