『いたずら死霊使い 大賢者ピタゴラスがあらわれた!?』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル いたずら死霊使い 大賢者ピタゴラスがあらわれた!?
サブタイトル
著者 [著者区分]■もけお [著・文・その他]
■白水 晴鳥 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
680円 シリーズ 講談社青い鳥文庫
ページ数 240p Cコード 8293
発売予定日 2019-09-12 ジャンル 児童/新書/日本文学、小説・物語
ISBN 9784065171226 判型 新書(B40)
内容紹介
ピタゴラスおじさんとみうちゃんのいたずらな毎日!

小学4年生の白川みうちゃんは、ちょっといたずら好きの、ふつうの女の子。
でもある日、学校の帰り道にころんで頭を打ってから、幽霊や妖怪が見えるようになってしまいました。
さらにおどろいたことに、「ピタゴラス」と名乗るヘンテコなギリシャおじさんが家にすみついちゃって!?
自称「大賢者」のピタゴラスと、死霊使い(ネクロマンサー)みうちゃんとの、面白オカシイいたずらライフが始まります!
<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>
目次
プロローグ
1.ギャンブル注意報!
2.霊能力も実力のうち?
3.菜々子ちゃん、目覚める!?
エピローグ
著者略歴(もけお)
もけお
千葉県生まれ。イラストレーター・漫画家。イラストの仕事に『長くつ下のピッピ』『つくもがみ貸します』(いずれも角川つばさ文庫)、漫画作品に『みわくのあくま』(リブレ)などがある。
著者略歴(白水 晴鳥)
白水晴鳥
福岡県生まれ。てんびん座のO型。10歳のとき、はじめて書いた小説の原稿を講談社に送ったことがある。九州大学工学部中退後、フランスのニース大学にて法学を学ぶ。2018年、「ギリシャおじさんと古代の壺」が第1回青い鳥文庫小説賞の最終選考に残る。特技はフランス語会話とコサックダンス。
他の書籍を検索する