『歴史劇画 大宰相 第三巻 岸信介の強腕』の詳細情報

歴史劇画 大宰相 第三巻 岸信介の強腕
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 歴史劇画 大宰相 第三巻 岸信介の強腕
サブタイトル
著者 [著者区分]■さいとう・たかを [著・文・その他]
■戸川 猪佐武 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
940円 シリーズ 講談社文庫
ページ数 544p Cコード 0121
発売予定日 2020-01-15 ジャンル 一般/文庫/日本歴史
ISBN 9784065184134 判型 文庫(A6)
内容紹介
熱き戦後日本史全10巻!!
安保、日本全土を揺さぶる!!

不安定な政局が続くなか、三木武吉は策士最後の奇策「保守合同」を成し遂げる。日ソ復交を果たして総理の座を退いた鳩山一郎の後継をめぐる岸信介・石橋湛山・石井光次郎の総裁公選は、7票差で石橋に。だが、その石橋は病に倒れ、組閣後2カ月で総辞職した。
岸内閣の課題は日米安保条約の改定。「安保反対」を叫び、国会議事堂を取り巻くデモ隊。強行可決を狙う岸。日本全土を揺さぶる、昭和史の転換点を迎える。傑作戦後日本史第3弾!!
解説:佐高信
目次
著者略歴(さいとう・たかを)
劇画家。1936年、和歌山県生まれ、大阪府育ち。17歳で描いた『空気男爵』でデビュー。上京し、「さいとう・プロダクション」設立。1968年『ゴルゴ13』連載開始。以降、休載することなく続いている。その他の主な代表作に『台風五郎』『無用ノ介』『デビルキング』『バロム・1』『影狩り』『雲盗り暫平』『サバイバル』『仕掛人 藤枝梅安』『鬼平犯科帳』『剣客商売』など。2003年に紫綬褒章、2010年に旭日小綬章受章。2019年東京都名誉都民に選出。
著者略歴(戸川 猪佐武)
1923年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治学科卒業。読売新聞社政治部記者を経て、政治評論家として活躍。『小説吉田学校』は戦後政治を生々しく活写し、ベストセラーとなった。1983年没。
他の書籍を検索する