『マンガでわかる その後の日本の国難 稼ぐ力の高め方』の詳細情報

マンガでわかる その後の日本の国難 稼ぐ力の高め方
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル マンガでわかる その後の日本の国難 稼ぐ力の高め方
サブタイトル
著者 [著者区分]■中原 圭介 [著・文・その他]
■NAHA [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 0033
発売予定日 2021-04-08 ジャンル 一般/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784065212639 判型 46
内容紹介
もっとも予測が当たる経済アナリストが、いま再び警鐘を鳴らすポストコロナの"国難"とは? 潮目が変わる時代のこれからを見通すための最新作。コロナショックの只中、国際労働機関(ILO)の発表(4/7)では、世界の労働人口の38%(約12.5億人)にレイオフ、または給与削減のリスクありとされ、英BBCでは、英国内の見込みの失業率が年内には10%に達するとも報じられ、アメリカでは2020年3月後半のわずか2週間で、失業保険申請件数が1000万に達しました。1929年の大恐慌、2008年のリーマン・ショックと比較される今回の大変化。コロナ禍を契機に、政治、経済など、特定ジャンルに関わらず、これまでとはまったく異なる暮らし方が、あらゆる局面で必要となった現在、『日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業』の著者・中原圭介氏に聞く、これからの現実と、変化し続ける世界で稼ぐ力を高めるための方法がわかる待望の一冊。
目次
著者略歴(中原 圭介)
1970年生まれ。慶應義塾大学卒業後、金融機関や官公庁を経て、現在は経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動。大手企業・金融機関、地方公共団体等への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナーなどで経営教育・経済教育の普及に務めている。「総合科学研究機構」の特任研究員も兼ねる。実質賃金、実質成長率など、名目数値よりも実体経済に近い数値推移で市場を把握する。著書に『AI×人口減少』(東洋経済新報社)、『日本の国難』(講談社現代新書)など。
他の書籍を検索する