『INSECT LAND(インセクトランド)カマキリのシャルロットとすずらんでんわ』の詳細情報

INSECT LAND(インセクトランド)カマキリのシャルロットとすずらんでんわ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル INSECT LAND(インセクトランド)カマキリのシャルロットとすずらんでんわ
サブタイトル
著者 [著者区分]■ロマン・トマ [著・文・その他]
■香川 照之 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ 講談社の創作絵本
ページ数 36p Cコード 8771
発売予定日 2020-11-24 ジャンル 児童/絵本/絵画・彫刻
ISBN 9784065213216 判型 B5
内容紹介
カマキリを通じて、SDGsの大切さを伝えたい!

「インセクトランド」シリーズ第3作目は、ついにカマキリが登場です。
主人公はハナカマキリのシャルロット。日本でおなじみの緑のオオカマキリ! ではなく、花のような薄いピンク色をしたハナカマキリ。擬態が得意で、「かくれんぼのお姫さま」と称されていますが、森や自然の環境の変化により、身を隠すことが難しくなっていきます。「インセクトランドに、何か大変なことが起きている」――思い悩むシャルロットに、「すずらんでんわ」が地球の声を届けます。

ストーリーのテーマはSDGs(持続可能な開発目標)。絵本を通じて、昆虫の目からこの世界をみつめることによって、環境問題について子どもたちと一緒に考えることができます。昆虫と心を通わせる香川さんだからこそ伝えられる自然教育の重要性と、「私たちは地球に守られて生きているのだ」ということに気づかせてくれるお話です。

まずは、知ること、そして学ぶこと。教育が、私たちが生きる地球を守る、未来を作っていく大きな力になるーー気候変動や生物多様性について、考える最初の一歩として。昆虫たちの物語に親しみながら、SDGsという言葉に込められた大切なメッセージが伝わってくることでしょう。


今回の仕掛けのページは、「さがし絵」。大人も子どもも一緒に、ランの花に隠れたシャルロットを探してくださいね!
目次
著者略歴(ロマン・トマ)
ロマン・トマ
デザイナー、イラストレーター、アニメーションアートディレクター。フランス生まれ。アニメ業界で様々なデザインや世界観を担当。2018年に『親子デザイン工房-父と息子で描く究極のファンタジー世界』(玄光社)を出版。Studio No Borderを設立。
著者略歴(香川 照之)
香川 照之(かがわ てるゆき)
1965年生まれ。ドラマや映画で俳優として活躍する一方で、教育番組で昆虫の魅力を子どもたちに発信。昆虫デザインの親子向け服育ブランド「Insect Collection(インセクトコレクション )」のプロデューサーを務め、文部科学省からは「こどもの教育応援大使」も委嘱された。
他の書籍を検索する