『言の葉は、残りて』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 言の葉は、残りて
サブタイトル
著者 [著者区分]佐藤雫 [著・文・その他]
出版社 集英社 レーベル
本体価格
(予定)
1650円 シリーズ
ページ数 Cコード 0093
発売予定日 2020-02-26 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784087716979 判型 46
内容紹介
第32回小説すばる新人賞受賞作。

選考委員・村山由佳氏 絶賛!
「遠い時代を生きる主人公たちの運命に、こんなにも胸かきむしられるとは。
新人離れした豪腕」


海沿いの地にある鎌倉幕府。
美しい景色とうらはらに、そこには陰謀、嫉妬、憎しみが渦巻いていた。

そんな中、若き三代将軍・源実朝のもとに、摂関家の姫・信子が嫁いでくる。
突然の縁談と異国の地に不安を覚える信子だったが、実朝の優しさと生まれて初めての海の匂いに包まれ、次第に心をゆるしていく。

一方の実朝も、信子が教えてくれた和歌の魅力に触れ、武の力ではなく言の葉の力で世を治めたいと願うようになる。

しかし、殺戮さえいとわない醜い権力争いが、ふたりを否応なく悲しみの渦に巻き込んでいく――。

新世代の作家が描く、何度も心を揺さぶられる歴史恋愛小説。


【著者略歴】
佐藤 雫(さとう・しずく)
1988年、香川県生まれ。2019年、「言の葉は、残りて」で第32回小説すばる新人賞を受賞してデビュー。
目次
他の書籍を検索する