『黒川能 1964年、黒川村の記憶』の詳細情報

黒川能 1964年、黒川村の記憶
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 黒川能 1964年、黒川村の記憶
サブタイトル
著者 [著者区分]船曳 由美 [著・文・その他]
出版社 集英社 レーベル
本体価格
(予定)
3600円 シリーズ 新書企画室単行本
ページ数 392p Cコード 0074
発売予定日 2020-01-07 ジャンル 一般/単行本/演劇・映画
ISBN 9784087890136 判型 A5
内容紹介
半世紀前の庄内に、理想郷(ユートピア)はあった――。

月山の麓の黒川村で、500年以上続いてきた、悠久の王祇祭。
“神人相和す"祭りの全貌を、村の内側から初めて克明に、そして、哀惜こめて描き上げた、女性編集者による二度とない感動の記録。

東京オリンピックの喧騒の裏側で、本物の祝祭が行われていた!

*****

■著者より、本書によせて

あれは、幻であったのだろうか――。
1964年、日本中が東京オリンピックに湧き立っていた。
私はグラフ雑誌「太陽」の編集者であったが、自らの神のもとに、老いも若きも一つに会して祭りをしている村を探して、山形の詩人・真壁仁の一篇の詩で「黒川能」を知った。
2月1日、2日、春日神社の御神体「王祇様」を上座・下座の2軒の当屋に迎え、夜を徹して能・狂言を奉納する。
幼童から少年、若者、長老まで、年齢ごとに場と役割がある。
誰もが喜びをもって生き生きとしているその姿に、私は魅せられていった――。

*****

目 次

第1章 1964年東京オリンピックの年、黒川能に出会う
第2章 十一月、黒川村を訪ねる
第3章 十二月から1965年のお正月を迎える
第4章 王祇祭まで一か月・一月三日の「興行」
第5章 一月十七日、春日神社の「十七夜祭」
第6章 豆腐炙りと子供たちの能の稽古
第7章 榊屋敷の神事・原初の風景
第8章 振舞の準備が進み、当屋は神宿に整えられていく
第9章 二月一日、王祇様が春日神社から雪道を当屋に降る
第10章 稚児の「大地踏」、翁の「式三番」
第11章 「暁の使い」登場、明け方まで演能はつづく
第12章 王祇祭二日目、王祇様が春日神社へ還る
第13章 若者たちの尋常事の熱狂が祭りを盛り上げる
第14章 二月四日「解行」・王祇祭は終わり、そしてまたはじまる
第15章 黒川にめぐる季節・冬から春へ
第16章 黒川にめぐる季節・春
第17章 黒川にめぐる季節・春から夏へ
第18章 黒川にめぐる季節・秋
第19章 黒川人の一生を想う
目次
他の書籍を検索する