『台北日帰り弾丸旅 食べまくり! 1年12回 ~このルートで回れば、ムダなくムリなく大充実 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 台北日帰り弾丸旅 食べまくり! 1年12回
サブタイトル このルートで回れば、ムダなくムリなく大充実
著者 [著者区分]門司 紀子 [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル
本体価格
(予定)
950円 シリーズ LADY BIRD 小学館実用シリーズ
ページ数 112p Cコード 9477
発売予定日 2019-02-27 ジャンル 雑誌扱い/ムック・その他/家事
ISBN 9784091038944 判型 B5変形
内容紹介
1日で台北を味わい尽くす12ルートの提案

リピーター激増、大人気の台湾。
「Oggi」「美的」の美容ライターでもある著者は、台湾に、しかも、LCCのPeachで行く弾丸旅にはまり、日帰り台北は現時点で22回に及びます。
インスタグラムに載せるたびに、「一緒に行きたい」「あの店で食べたい」とリクエストが殺到するとか。
この本は、実践弾丸旅の経験を活かし、「効率よいルートでおいしい店を回る」を原則として、生マンゴー・生ライチーはいつ?・・・などの、季節に合わせた1月から12月の12ルートを提案します。そして、

・必食すべき、台北弾丸3大グルメ
・自分好みのお茶を探しに台湾茶専門店へ
・旬の美食やお土産街ならローカル市場巡りへ
・台北ならではの美スポット
・台湾土産「買うべき食材4つ」「パイナップルケーキ」「台湾雑貨」「本当に美味しい食土産」「美容アイテム」
・日帰り弾丸旅はこんな服で
・弾丸トラベライターのBagの中身
・番外編 泊まり台北旅なら、どこへ行く?

などなど、台北の旅の情報を、ぎゅぎゅぎゅっと詰め込みました。
日帰り旅なら、そのまんま実践、泊まり旅ならルートを旅に組み込んで。絶対はずさない台北旅を楽しんでください!

【編集担当からのおすすめ情報】
なぜ日帰り旅なんですか?と著者に聞いてみたら、

・友達も忙しいから、2泊3日はなかなか合わないけれど、1日ならなんとか合わせられる。
・子どもがいる人も、1日ならなんとか都合がつけられる。

なるほどね~と思いました。京都に日帰りするような気分で、短時間でわーっと、盛り上がって帰ってくる。エネルギーをチャージして、また元気に働く・・・アリかも・・・と。

1回の旅で、食べるだけでも平均10軒。見るだけ、寄るだけなら+5-6軒。ものすごい熱量で探索しているので、体験した店数はかなりのもの。
そんな濃い旅の経験値の、いいとこ取りしたこのガイドブック、かなり読み応えあり!
日帰り旅なんてしない・・・という人でも、食ガイドとして間違いありません。
読むだけで、台北に行きたくなります。
目次
他の書籍を検索する