『三丁目の夕日 年々歳々 10 梅』の詳細情報

三丁目の夕日 年々歳々 10 梅
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 三丁目の夕日 年々歳々 10 梅
サブタイトル
著者 [著者区分]西岸 良平 [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル
本体価格
(予定)
685円 シリーズ 小学館文庫
ページ数 224p Cコード 0179
発売予定日 2020-01-15 ジャンル 一般/文庫/コミックス・劇画
ISBN 9784091962102 判型 文庫(A6)
内容紹介
「令和」へ残したい昭和30年代の記録!!

戦後の混乱を経て、高度成長期に差し掛かった昭和30年代…
まだまだ豊かとは言えなかったけど、夢と希望が詰まっていたあの頃--
1974年に「ビッグコミックオリジナル」で連載を開始し、、2005年、’06年、’12年に映画化され大ヒット(「ALWAYS 三丁目の夕日」)、そして今なお連載が続くロングセラー「三丁目の夕日 夕焼けの詩」を、この度厳選し再編集しました。
1年を各月に分け、その月ごとの出来事をまとめ上げ、その月に相応しい「花鳥風月」をタイトルに冠しました。
平成が終わり令和元年を迎えた今、もう一度遠くなりゆく昭和に思いを馳せ、ちょっとノスタルジックな雰囲気に浸ってみたらどうでしょう…
もちろんこの時代を知らない方も、古き良き日本にふれられること請け合いです。

2月のお題は「梅」。
今よりも寒かったような気がする昭和30年代の2月ですが、そんな中咲き始める梅の花に春近しを感じていました・・・

【編集担当からのおすすめ情報】
「ビッグコミックオリジナル」が誇るロングセラー作品を月ごとにまとめて文庫にしました。
第10巻目のサブタイトルは「梅」。
昭和30年代の2月は、なんだか今より寒かったような・・・
そして、バレンタインデーもいいけれど、昔は「節分」の方が大事なイベントだった気がします・・・
目次
他の書籍を検索する