『女人追憶 13』の詳細情報

女人追憶 13
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 女人追憶 13
サブタイトル
著者 [著者区分]富島 健夫 [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル
本体価格
(予定)
650円 シリーズ クラシック リバイバル
ページ数 576p Cコード 0093
発売予定日 2019-02-12 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784093531191 判型 B6
内容紹介
故郷で耳にする友人たちの衝撃の性愛模様

瀬戸内の島で予定外のアバンチュールを楽しんだ真吾。そのまま帰省し、恋人・妙子と久しぶりに再会するや、改めて故郷に帰ってきたことを実感、さらに、いろいろな女性と遊んではいてもやはり愛しているのは妙子だけであることを確信する。そんな折、高校の同級生の安希子が家を訪ねてくる。見合い結婚をした安希子は、ひと月も経たぬうちに出戻ってきていた。誘われるまま二年ぶりに彼女の家を訪ねた真吾は、離婚の真相を聞く。安希子は個性の強い女だが、かつて彼女を女にしたのは自分であり、どんな状況にあっても真吾にとっては可愛い不良少女なのであった。一方、母校の教師・進英子と会う約束をしていた真吾は、こちらも同級生である友人の江藤を連れていくことにする。卒業前に母親が倒れ、看病のために大学受験ができなかった江藤の生活は、母亡き後も荒んでいた。教師の英子から彼に何か助言をしてもらえればと考えたのだ。料亭を兼ねた旅館で、英子と真吾は、江藤の現況、さらにその女性体験談に耳を傾ける。
目次
他の書籍を検索する