『女人追憶 14』の詳細情報

女人追憶 14
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 女人追憶 14
サブタイトル
著者 [著者区分]富島 健夫 [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル
本体価格
(予定)
650円 シリーズ クラシック リバイバル
ページ数 576p Cコード 0093
発売予定日 2019-02-12 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784093531207 判型 B6
内容紹介
華やかな真吾の女人探訪の旅が遂に完結!

母校の教師・進英子と郷里の料亭を訪れていた真吾は、客から逃げる若い仲居の虹子をかくまう。三人で枕を並べることになったその夜、虹子は子どもの時分から現在に至るまでの半生を語り出す。それは真吾にとって、刺激的で、じつに興味深い物語であった。戦後、小学高等科を中退、子守として奉公に出された虹子。奉公先には二つ年上のお嬢さん・律子がいたが、彼女は進んだ考えの持ち主で、ある日、中学生の少年と初体験をする。律子から男女の営みについていろいろと聞くようになった虹子は、少年との逢い引きの場に同行したり、律子のさらなる経験のために幼なじみで熟練者の次郎兵を引き合わせたり、何かと協力をする。次郎兵によって、性に開花していく律子。律子をはじめ、さまざまな男女の行為を見聞きし、次郎兵からも「もう少し大きくなったら」と誘われていた虹子は、自らの成長を心待ちにするが、奉公を終えた虹子の人生は思いもよらぬ方向へと転がるのだった。戦中戦後、愛と性に目覚めた少年時代から模索し続けてきた宮崎真吾の女人探訪の旅。その行き着く先は? 青春大河ロマン、完結編!
目次
他の書籍を検索する