『『ポーの一族』ぬり絵BOOK』の詳細情報

『ポーの一族』ぬり絵BOOK
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 『ポーの一族』ぬり絵BOOK
サブタイトル
著者 [著者区分]萩尾 望都 [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ
ページ数 52p Cコード 0071
発売予定日 2019-12-04 ジャンル 一般/単行本/絵画・彫刻
ISBN 9784096821213 判型 B5
内容紹介
あの絵に、自分で彩色できるなんて!

マンガ界のレジェンド、萩尾望都の『ポーの一族』に、自分で色を塗れるなんて!
イマジネーションを働かせ、一心不乱に彩色することで、脳も心もワクワク若返る、夢のようなぬり絵が現実になりました。

2019年夏、銀座・MATSUYAにおける『ポーの一族展』が大盛況。
ファン垂涎の図録もグッズも大好評、売り場はしゃれにならないくらいの長蛇の列に。
その売り場に足りなかったものが、ぬり絵です!

『ポーの一族は』、1970年代の連載で人気を博し、
2016年より再連載が始まりました。

「憧れの先生の絵、その線を確認し、その絵に色を塗る」が、この本で実現できます。

このぬり絵BOOKは、『ポーの一族』から選りすぐりの図版・24点をセレクトし、ぬり絵仕様にしました。
カラーイラストがあるものは、カラーの見本も掲載しています。
ガリ無し無線とじで、1枚1枚離せる製本を採用、彩色したものを切り離して飾れるようにしました。
過去に読んだ『ポーの一族』、現代に甦った『ポーの一族』が、彩色することで生き生きと甦ることでしょう。

萩尾望都先生から:「白地部分は、雲でも花でも、好きなように描いてくださいね」

【編集担当からのおすすめ情報】
今後『ポーの一族』展は、下記開催予定です。

2019年9/30-10/17 @名古屋パルコ
2019年12/4-16 @阪急うめだ本店
2020年3/14ー5/17 @川崎市市民ミュージアム

新しい情報は、『ポーの一族』展のHPなどでご確認ください。

『ポーの一族』展を観て、宝塚にはまった知り合いが続出。
貴重な原画を近くで見られるチャンスです。ぜひ、お運びください。
目次
他の書籍を検索する