『ニッポンの浮世絵 ~浮世絵に描かれた「日本のイメージ」 ~ 』の詳細情報

ニッポンの浮世絵
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ニッポンの浮世絵
サブタイトル 浮世絵に描かれた「日本のイメージ」
著者 [著者区分]■太田記念美術館 [監修]
■日野原 健司 [著・文・その他]
■渡邉 晃 [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル
本体価格
(予定)
2400円 シリーズ
ページ数 128p Cコード 0071
発売予定日 2020-09-10 ジャンル 一般/単行本/絵画・彫刻
ISBN 9784096823347 判型 B5
内容紹介
浮世絵を通して「日本らしさ」を読み解く!

浮世絵に感じる「日本らしさ」とは一体なんでしょうか? 美しい自然や何気ない日常を愛でる日本人の美意識が詰まった浮世絵を、「富士山」「桜」「雨、風、雪」など、モティーフごとに読み解き、〔#おうちで浮世絵〕がツイッターで話題の太田記念美術館が楽しく面白く、徹底解説します。
葛飾北斎「冨嶽三十六景」や歌川広重「東海道五十三次」といった誰もが知る浮世絵の名作、喜多川歌麿や東洲斎写楽、歌川国芳ら人気絵師の作品から、あまり知られていない隠れた名品まで、浮世絵専門美術館ならではの充実した所蔵作品、約180点を収録。私たち日本人の感性と改めて向き合いましょう。 本書は同美術館開催「ニッポンの浮世絵」展連動企画です。

【編集担当からのおすすめ情報】
東京・原宿にある太田記念美術館。土地柄、外国人観光客の来館も多く、浮世絵を鑑賞する外国人のまなざしを追いかけることから本企画は始まりました。太田記念美術館ならではの名品の数々を通して、これまでにない斬新な切り口から、浮世絵の魅力を存分にお楽しみください、
目次
他の書籍を検索する