『「作戦」とは何か ~戦略・戦術を活かす技術 ~ 』の詳細情報

「作戦」とは何か
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 「作戦」とは何か
サブタイトル 戦略・戦術を活かす技術
著者 [著者区分]中村好寿 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
2300円 シリーズ 単行本
ページ数 240p Cコード 0031
発売予定日 2019-01-21 ジャンル 一般/単行本/政治-含む国防軍事
ISBN 9784120051609 判型 46
内容紹介
「作戦」とは戦略とも戦術とも異なる、両者をつなぐ概念であり、現在、軍事専門家に最も重視される位置にある。この言葉を最初に現代戦に持ち込んだのはヘルムート・モルトケで、用語として使用されるようになったのは、比較的新しい。「作戦」の起源からその歴史をたどったうえで、現在論議されている主要な「作戦」の三事例を取り上げ、意義と特性を考察する。

序論 ポスト冷戦時代における「作戦」の特色―「軍隊行動の三レベル」  
第一部 「作戦」の起源
第1章 「作戦」のない軍隊運用―絶対君主時代の戦闘回避主義
第2章 「大戦術」の開発とナポレオン戦争
第3章 ジョミニとアメリカ南北戦争
第4章 クラウゼヴィッツの戦略とモルトケの「作戦」

第二部 冷戦期までの「作戦」
第5章 米軍の消耗戦方式―封印された「作戦」の概念
第6章 ソ連軍の縦深「作戦」
第7章 フラーとハートの士気喪失「作戦」

第三部 ポスト冷戦時代の「作戦」
第8章 「緊要で、脆弱な『重心』」の追求 
第9章 「影響」重視の考え方
第10章 複雑な「問題」と「システミック『作戦』デザイン」 

おわりに


用語解説
目次
著者略歴(中村好寿)
1943年(昭和18年)、広島県三次市に生まれる。防衛大学校卒業。防衛大学校助教授、米国国防大学客員研究員、陸上自衛隊東北方面総監部幕僚、ジョージア工科大学客員教授、防衛研究所主任研究員を経て、退官。現在、軍事アナリスト。
他の書籍を検索する