『圓朝』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 圓朝
サブタイトル
著者 [著者区分]奥山景布子 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ 単行本
ページ数 336p Cコード 0093
発売予定日 2019-02-21 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784120051654 判型 46
内容紹介
幕末・明治の芸能を代表する、近代落語の祖・三遊亭圓朝。
江戸から明治への激変期にあって、伝統的な話芸に新たな可能性を開き、「怪談牡丹灯籠」「真景累ヶ淵」などが今なお語り継がれる伝説的な噺家の一代記。
母・兄に猛反対されるも芸の道に進んだ圓朝。
歌舞伎の技術を盛り込んだ芝居噺で人気を博すものの、師匠や愛弟子から嫌がらせにあい、窮地に追い込まれる。数々の苦境を味わわされる中、自らが生みだした怪談噺や人情噺で独自の境地を開き、押しも押されぬ人気咄家に成長するが・・・・・・波乱万丈な芸道を這いつくばり、女性関係や息子との確執にも悩んだ圓朝。
新田次郎賞・本屋が選ぶ時代小説大賞W受賞の奥山景布子が迫る、「伝説的落語家」の素顔とは――
目次
著者略歴(奥山景布子)
一九六六年愛知県生まれ。名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。高校教諭、大学専任講師などを経て創作を始める。二〇〇七年に「平家蟹異聞」で第八七回オール讀物新人賞を受賞。〇九年、受賞作を含む『源平六花撰』で単行本デビュー。著書に『恋衣 とはずがたり』『時平の桜、管公の梅』『びいどろの火』『キサキの大仏』『太閤の能楽師』『稽古長屋 音わざ吹き寄せ』がある。
他の書籍を検索する