『父 岸田劉生 ~愛蔵版 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 父 岸田劉生
サブタイトル 愛蔵版
著者 [著者区分]岸田 麗子 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ 単行本
ページ数 288p Cコード 0023
発売予定日 2021-05-20 ジャンル 一般/単行本/伝記
ISBN 9784120054365 判型 46
内容紹介
この本を読まずに劉生の事を知ろうとする人は、劉生の画業を麗子像をぬかして話そうとする人に似ている――(武者小路実篤「序」より)


〈麗子像〉を通じて誰もが知る愛娘が、父・劉生の日記や手紙を引きつつ、その幼年時代から死までを綴る。新たな表現を求めて苦悩し、角力を愛し、時に癇癪を起こす――画家・劉生、そして人間・劉生を知るうえで欠かせない一冊。カラー口絵8P、著者が劉生の死後を綴った単行本初収録の随筆4篇、麗子の娘である画家・岸田夏子による解説を増補した新版。【岸田劉生生誕130年記念企画】


【目次より】

序(武者小路実篤)

 ○

幼年時代から結婚まで

代々木時代

鵠沼時代

京都時代

鎌倉時代

満州へ

 ○

解 説(谷川徹三)


〈巻末付録〉岸田麗子随筆選

父の遺してくれたもの

ある女の講演草稿

あれから三十年

母のこと ――劉生を夫に選んだひと

 ○

岸田麗子 ――「麗子像」の先へ(岸田夏子)
目次
著者略歴(岸田 麗子)
岸田麗子

一九一四(大正三)年、東京生まれ。画家・岸田劉生の長女。四歳より劉生が亡くなる十五歳までモデルをつとめた〈麗子像〉の作品群は、劉生の代表作である。父を師に絵を描きはじめ、その死後は父と親しかった武者小路実篤を慕って「新しき村」の演劇部に参加。絵画の制作や文筆活動を行った。六二(昭和三十七)年、くも膜下出血により急逝。享年四十八。二〇〇二(平成十四)年、松濤美術館にて「岸田麗子展 『麗子像』以後を生きる」が、一四年、世田谷美術館・岡山県立美術館で「岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜」展が開催された。
他の書籍を検索する