『天正伊賀の乱 ~信長を本気にさせた伊賀衆の意地 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 天正伊賀の乱
サブタイトル 信長を本気にさせた伊賀衆の意地
著者 [著者区分]和田 裕弘 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
880円 シリーズ 中公新書
ページ数 280p Cコード 1221
発売予定日 2021-05-20 ジャンル 教養/新書/日本歴史
ISBN 9784121026453 判型 新書(B40)
内容紹介
織田信長の次男信雄の侵攻を撃退した伊賀国に、2年後、織田の大軍が再び襲いかかる。強大な外敵に立ち向かった伊賀衆の戦いを描く。
目次
著者略歴(和田 裕弘)
和田裕弘
1962年、奈良県生まれ。戦国史研究家。織豊期研究会会員。著書に『信長公記を読む』(共著、吉川弘文館)、『『信長記』と信長・秀吉の時代』(共著、勉誠出版)、『織田信長の家臣団―派閥と人間関係』『信長公記―戦国覇者の一級史料』『織田信忠―天下人の嫡男』(いずれも中公新書)など。
他の書籍を検索する