『雨の鎮魂歌』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 雨の鎮魂歌
サブタイトル
著者 [著者区分]沢村鐵 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
880円 シリーズ 中公文庫
ページ数 520p Cコード 1193
発売予定日 2018-10-23 ジャンル 教養/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784122066502 判型 文庫(A6)
内容紹介
俺は出会ってしまった。この世界のすべてを含んだ物語に。北の小さな田舎町。中学校の旧校舎で生徒会長・一村が遺体で見つかった。犯人や殺害動機について憶測が飛び交い、警察の捜査も難航する。その最中、クラスメイトの徹也は友人の古館の様子がおかしいことに気づく。やがて校内で異常な事件が次々と発生。事件の真相は、少年たちの想像を遥かに超えたものだった。絶望や憎しみの渦中で、少年たちがつかんだものとは――。
「クラン」シリーズの著者が放つ傑作青春小説。
目次
著者略歴(沢村鐵)
一九七〇年、岩手県釜石市生まれ。二〇〇〇年 『雨の鎮魂歌(レクイエム)』でデビュー。著書に『運命の女に気をつけろ』『封じられた街』『十方暮の町』『ノヴェリストの季節』『ミッドナイト・サン』のほか、『フェイスレス』『スカイハイ』『ネメシス』『シュラ』の「警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結」シリーズ、本作「クラン」シリーズ(中公文庫)と、その番外編に『ゲームマスター 国立署刑事課 晴山旭・悪夢の夏』(祥伝社文庫)がある。
他の書籍を検索する